後遺障害とは

交通事故の被害を受けたときに、それによる負傷が完治しなくて、入院を続けたとしてもそれ以上回復する見込みのないケースがあります。このような状態になってしまったことを後遺障害といいます。後遺障害についてはさまざまな症状が認められています。基本的には交通事故との相当因果関係があることが条件となります。回復が困難であり、身体的な障害だけではなくて精神的な障害も含まれています。医学的にその存在が認められており、労働能力の損失を伴うものと定められています。

損害賠償この後遺障害について損害賠償を請求することができるのです。実際に後遺障害の症状があることを証明するためには医師の診断書が必要となります。そして、等級認定というものを受けます。等級認定というのは認定基準を得るためのものです。これによって、損害賠償額が決まります。

後遺障害では症状固定が大切です。これは医師が診断するものであり、それ以上治療をしても症状の改善が望めないという状態のことです。これは保険会社が判断するものではないため注意しましょう。保険会社の方では早期に症状固定を求めてくる連絡があるケースが少なくないのですが、症状固定のためには時間がかかります。保険会社に急かされたとしても慌てる必要はないのです。