後遺障害とは

交通事故の被害を受けたときに、それによる負傷が完治しなくて、入院を続けたとしてもそれ以上回復する見込みのないケースがあります。このような状態になってしまったことを後遺障害といいます。後遺障害についてはさまざまな症状が認められています。基本的には交通事故との相当因果関係があることが条件となります。回復が困難であり、身体的な障害だけではなくて精神的な障害も含まれています。医学的にその存在が認められており、労働能力の損失を伴うものと定められています。

損害賠償この後遺障害について損害賠償を請求することができるのです。実際に後遺障害の症状があることを証明するためには医師の診断書が必要となります。そして、等級認定というものを受けます。等級認定というのは認定基準を得るためのものです。これによって、損害賠償額が決まります。

後遺障害では症状固定が大切です。これは医師が診断するものであり、それ以上治療をしても症状の改善が望めないという状態のことです。これは保険会社が判断するものではないため注意しましょう。保険会社の方では早期に症状固定を求めてくる連絡があるケースが少なくないのですが、症状固定のためには時間がかかります。保険会社に急かされたとしても慌てる必要はないのです。

交通事故の後遺障害

後遺障害どんなに注意していても交通事故の被害に遭ってしまう可能性はあります。横断歩道を青信号で渡っていたのに車が信号無視をして飛び出してくるかもしれません。曲がり角を曲がったところで車に轢かれることもあるかもしれません。他にもさまざまな場面で交通事故に遭う危険性があります。

交通事故によって怪我をしてしまうことがあります。運が良ければ軽い怪我でも済むのですが、車との交通事故の場合は大きな怪我に発展することが多いでしょう。また、事故の起きた直後は何ともなかったけれども、時間が経過すると実は怪我をしていたことが分かるというケースは少なくありません。そのため、どんなに小さな事故だと思われたとしても、怪我の可能性はしっかりと考えておく必要があります

交通事故によって後遺症が残ってしまうことがあります。このことを後遺障害といいます。この場合は損害賠償を受けることができるのです。ただしどのような怪我であっても後遺障害として認められるわけではありません。さまざまな条件が存在しているのです。また、そもそも後遺障害の種類というのは1つではありません。そのため素人にはややこしい問題となります。

こちらでは交通事故の後遺障害の種類について解説しましょう。これは被害者にとっても加害者にとっても重要な知識となります。万が一、自分が後遺障害になってしまう可能性もあるのです。後遺障害に関する分かりやすい解説をしましょう。参考にしてください。